シェアリングエコノミーと翻訳業界

7f26b5ecd193b02043fd94985441da6f_s

こんにちは、翻訳会社のルックです。
最近シェアリングエコノミーに関するニュースをよく目にします。
あるサービスを利用したり、ものが欲しいという時今までは買うしか選択肢がありませんでした。

それに対し、「自分が利用したいサービスや欲しいものを同じ気持ちを持った人たちとシェアすることでコストを分担したい」という欲求に応えたビジネスモデルです。
カーシェアリングや、シェアハウスを始めとして、古着を共有したり、普段使わないスペースを貸し出すなんていうサービスまで生まれ人気を博しています。

これらは実名制のSNSが発達したことにより、WEB上での繋がりへの信頼感が増したことでシェアリングエコノミーを世が受け入れるに至ったような気がしています。

「どこの知らない誰かとシェアするのは怖いけど、OOさんという名前が分かっていてどんな人かも分かっているから安心」ということです。ビジネスになるとそのリスク(信頼するリスク)も含めた対価を要求するのでコストは当然上がります。
SNSが(ある程度)信頼を担保することで、個人消費者間の取引(所謂CtoC)への心理的障壁は年々下がっているのでしょう。

さて、この話と翻訳も全く無縁のものではないと考えています。
例えば、Aさんがハーバード大学のある教授の論文を読みたいと思ったとします。
その論文は10万字あり、専門用語も多くとても高度な翻訳を必要するので翻訳を依頼すると10万円掛かってしまいます。
Aさんはとても10万円を一人で払うことはできません。
そこで、同じ論文を読みたい方が他に募集すると、20人の方が見つかり1人5,000円で翻訳を依頼することができました。

実は、これもれっきとしたシェアリングエコノミーですね。
そしてこの仕組みは言語の壁がもたらす情報の壁を打ち崩すビジネスになるかもしれません。

インターネットのおかげで国境を越えた情報化社会になったと言われていますが実はそうではありません。
それは複数言語を操るごく一部の人にのみいえることです。
私たちがアクセスできているサイトは私たちの知識の中のみに限定されます。
どういうことかというと、もし日本語しか理解できなかった場合、海外の情報に触れようとするとすでに翻訳されているものにしか出会うことはできないのです。

当たり前のようですが、これはすごく時代遅れな現象のように感じます。
まだ日本語に翻訳されていない本や、個人のブログにビジネスのヒントがあるかもしれません。
その大きな大きな壁を打ち崩せるのは、私たち翻訳会社なのかもしれません。

皆さんが一歩先を見据えることができる”ヒント”に私たちが関われるとしたら、こんな幸せな仕事はないのかもしれないなと思います。

翻訳なら株式会社ルック<東京都千代田区・秋葉原>

バンコクの正式名称

翻訳会社のルックです。

thai_bangkok1
日本人観光客も多いタイのバンコク。バンコクの正式名称は世界一長い、という話を聞いたことがありますか?

バンコクの正式名称は、

กรุงเทพมหานคร อมรรัตนโกสินทร์ มหินทรายุธยา มหาดิลกภพ นพรัตน์ราชธานีบุรีรมย์ อุดมราชนิเวศน์มหาสถาน อมรพิมานอวตารสถิต สักกะทัตติยวิษณุกรรมประสิทธิ์

クルンテープマハナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラアユッタヤー・マハーディロッカポップ・ノッパラッタラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーンアワターンサティット・サッカタットティヤウィサヌカムプラスィット※

・・・あまりにも長すぎて、うちのタイ人コーディネーターも覚えていないとのこと。タイ人は最初の言葉をとり「クルンテープ」と言っているそうです。
クルンテープはタイ語で「天使の都」という意味。今度バンコクに出張することがあったら、「クルンテープ」と伝えてみてください。

発音?ここで伝えるには少々難しいので、また別の機会に・・・。

翻訳なら株式会社ルック<東京都千代田区・秋葉原>

中華人民共和国国家標準とは

翻訳会社のルックです。

gbマーク
中華人民共和国国家標準は中国国務院標準化行政主管部門により定められた国家標準であり、略称として国標(ピンインのイニシャルはGB)と呼びます。世界同類標準の変化に追いつけるために通常5年間の年限があり、年限が切れると修正もしくは改めて定められます。中国国家標準の番号は中国国家標準の略語、順番番号と年号(発表された年)※1の三部分に構成されました。

また、強制力の違いにより、中国国家標準は強制標準(GB)と推奨標準(GB/T)に分けられています。

強制標準とは体の健康、人身及び財産安全を保障している標準及び法律、行政法規により強制的に執行する標準であり、法的拘束力を持ちます。強制標準に適合しない製品を中国での輸入、輸出することは禁止されています。

推奨標準とは生産、検証、使用などの方面で、経済的手段或いは市場の調節によって、自主的に使用する標準です。しかし、推奨標準が一旦採用され、双方は合意する上で契約書に記載された場合、双方が守らなければならない技術的な要求になり、法的拘束力を持ちます。

そのほか、範囲の違いにより、国家標準、業界標準、地方標準と企業標準があります。

国家標準は上記が述べた通り、全国において統一が必要とされる技術的な要求について中国国務院標準化行政主管部門が定められた標準です。

業界標準とは、国家標準とは別に、国務院の関係行政主管部門が制定し、全国においてある業種の中で統一を必要とする技術標準です。

地方標準とは、国家標準及び業界標準のない内容について、省・自治区・直轄市の関係行政主管部門が制定し、省・自治区・直轄市の範囲内で統一を必要とする工業製品の安全・衛生基準です。

企業が生産する製品に国家標準と業界標準に準するものがない場合、企業は生産の根拠として企業標準を制定し、関係部門に登録する必要があります。

※1:1994年以前発表された標準は2桁の数字で表し、1995年から発表するものは4桁の数字を使い始めました。

翻訳なら株式会社ルック<東京都千代田区・秋葉原>

翻訳会社の可能性

翻訳会社のルックです。
私たちが創業してから30年が経ちました。

30年前と今では、ビジネスを取り巻く環境が大きく変わってきています。
例えば海外進出。
創業当時ももちろん海外進出は進んでいましたが、当時は中国が進出先のメインでした。

メーカーは生産コストを抑えるために、こぞって中国に工場を設立しました。

しかし、中国の経済成長は人件費を引き上げ見合わなくなってくると、他の国への進出の検討を余儀なくされました。
ここ数年は、中国撤退ビジネスなる言葉を見かけるくらいメーカーにとって中国は海外進出のメインではなくなろうとしています。

それに代わり、インドネシアやタイ、カンボジア、ヴェトナムなど新興国への進出が進んでいます。
海外進出の理由は、生産コストを下げたい、海外での販路を開拓したいなど会社によって様々です。
国内市場に見切りをつけ、アジアの新興市場に目を向ける会社も増えてきています。

そんなグローバルが進む今だからこそ、私たち翻訳会社の仕事も多様化すると考えています。
国によって、国民性や働くことへの考え方や宗教観などすべての考え方が変わってきます。
ただ、コストを削減したいと進出しても、逆にローカライズが進まず苦しむ企業もあります。

日本企業が海外に進出するには、設備を建設する際の契約書であったり、従業員の雇用、教育などのマニュアルの作成、製品に必要な取扱説明書など言語に関わる様々な壁が存在します。
その壁は私たちがすでに何度も経験しているものです。

起こりうる問題や課題を事前に想定し、準備する。
言葉の壁を限りなく、フリーにする。

それが、私たち翻訳会社の新たな役割であり、使命だと考えています。
これから世界に打って出ようという会社様は是非私たちにご依頼ください。

翻訳なら株式会社ルック<東京都千代田区・秋葉原>

インバウンド施策としてのタイ語

翻訳会社のルックです。

visa_campaign

日本の観光関連業界(旅行、宿泊施設、飲食、レジャーなど)で最近よく話題になるのが「タイ語への対応」です。

ビザ・ワールドワイド(以下Visa)が公開している「Visa Global Travel Intentions Study 2015(2015年Visa世界旅行意識調査)」※1によると、今後1年以内に日本を訪れたいと回答した外国人観光客の割合は、台湾、タイ、香港、中国、韓国の順に多い、とされています。

Visa自身、この結果から「インバウンド消費の拡大には、香港、台湾、中国、韓国、タイからの旅行者への情報発信を現地の言葉で適切に行なうことが重要」と結論づけており、先日公開されたキャンペーンページ※2では英語、中国簡体字、中国繁体字、韓国語に加えて、タイ語でのコミュニケーションも図っています。

2015年のタイの訪日旅行者数は796,700人で、前年比121.2%の伸び率です。日本政府環境局(JNTO)も現地でのプロモーション活動を強めており※3、しばらくは伸び続けるものと思われます。

とはいえ、タイ語が話せる日本人や、日本語が話せるタイ人を見つけて通訳をお願いするのは、日本国内の絶対数が足りないので難しいことと思います。
直接の会話は英語で行うとして、まずは看板、メニュー、Webサイトなどの文字情報をタイ語で用意することをおすすめします。

すべてのコンテンツを翻訳して用意する必要もありません。絶対に伝えなければならないこと(注意事項、禁止事項など)と、どうしても伝えたいこと(セールスポイントなど)だけはタイ語にして、あとは英語でも構いません。
文字に頼らず、綺麗な写真やイラストで伝えることも検討しましょう(その場合も、文化的タブーなどには注意が必要です)。

タイ語に限らず、Webサイトのように現地からでも閲覧できるものに対しては、JNTOが現地で行っているPR活動に合致したメッセージ(キーワード)を含んだものにしておくと、事前情報として接触してもらえる可能性が高まります。そのためには、言語別にコンテンツを変えることも検討してみてください。

翻訳なら株式会社ルック<東京都千代田区・秋葉原>

マーケティングと翻訳

ed3b782ad06ac8440245a870a275f053_s

翻訳会社のルックです。
今日は、マーケティング業界での翻訳のご依頼についてお話しします。

弊社では、他言語WEBサイトの制作も請け負っておりますが、
WEBサイトに欠かせないのはSEO対策ですよね。

そして、SEO対策やWEBマーケティングについては日本よりアメリカの方が先を行っており、
英語でのマーケティングブログをチェックしている方も多いと思います。
ですが、英語のブログを読むのは時間が掛かるということで、弊社にご依頼をいただくことがあります。

ご指定いただいたサイトを更新されるたびに、翻訳してお届けするというサービスです。
海外のマーケティングサイトを日本語訳したサイトもありますが、いつ翻訳された記事が出るのかわからないため常に最先端の情報を仕入れたい方に人気のサービスです。

もちろんマーケティング以外でも翻訳して欲しいサイトがあればご依頼ください。
英語、中国語、韓国語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語の翻訳が可能です。

現地のビジネス情報やローカルな情報を仕入れてビジネスに活かしませんか?

翻訳なら株式会社ルック<東京都千代田区・秋葉原>

【翻訳会社コラム】他言語WEBサイトの必要性

翻訳会社ルックです。
本日は、他言語のWEBサイトについてお話ししたいと思います。

皆さんの会社は他言語のホームページを用意していますか?
最近、私たちの元に他言語WEBサイトに関する問い合わせを数多くいただくようになってきました。

目立つ業界としては、飲食店様が多いですね。
最近もお寿司屋さんから他言語WEBサイトのご依頼を受けました。
外国人のお客様が増えてきているので、さらに集客するために作りたいとのことでした。

今日は、翻訳会社から見た他言語のWEBサイトを作るにあたっての注意点をいくつかお伝えしたいと思います。

1、他言語翻訳の正確性

言わずもがな翻訳の正確性は大切ですね。外国人のお客様が見たときに違和感がない文章になっていないか、伝えたいニュアンスが伝わっているかなど気をつけていただきたいです。自動翻訳はできるだけ使わない方が良いです。まだまだ、正確性に乏しく、外国人の方が理解するのは難しいです。弊社では各言語ごとにネイティブがチェックするので、細かなニュアンスまで気をつけています。ちなみに現在の他言語サイトの言語が正確かどうか、チェックすることも可能ですので不安があるサイトをお持ちの方はお気軽にご相談ください。

2、各国特有の構成を押さえる

次にサイト構成についてです。国によって、サイト構成は微妙に変わってきます。日本人はテキストが多いページを嫌いがちなのに対し、海外のサイトではテキスト分量が非常に多かったりします。
これも他言語翻訳の正確性同様、ネイティブスタッフが、その国の方々が好むサイト構成を考えながらサイト作成を行います。
しっかりサイトを見ていただくためには、日本語サイトをそのまま翻訳しただけのサイトは避けるべきかもしれません。

3、何語を用意するべきか

基本的なところで言えば、英語・中国語(簡体、繁体)・韓国語などかもしれません。どの言語を用意すべきかわからなければ、まず英語を用意し3ヶ月ほど経ってからgoogle anlyticsをチェックすることも一つの方法です。どの国からのアクセスが多いのかチェックできますから、そこで多い国の言語を用意すれば効率よく他言語対策ができます。

以上、皆様のお役に立てる情報はありましたでしょうか。
他言語への翻訳を考えていらっしゃる方は、他言語サイトが必要か、どのようなサイトにするべきか、何語を用意すべきかなど一からご相談に乗らせていただきます。ご相談お待ちしています!

翻訳なら株式会社ルック<東京都千代田区・秋葉原>

読み手の立場に立った翻訳を行います。

翻訳会社のルックです。

今日は外国人向けの飲食店メニューについてのお話をしたいと思います。
私たち翻訳会社には飲食店様から外国人向けにメニューを翻訳してほしいというご依頼が寄せられます。

英語や韓国語、中国語(簡体、繁体)がメインなのですが、果たして日本語メニューを英語に訳すだけでいいのかという疑問が巻き起こりました。
というのも、日本語メニューを見ていると日本食や食材に関する知識を持っていることを前提としていることが多く(私たちはもちろんそのことを意識することはありませんが)、外国人からしたらチンプンカンプンということが起こり得ます。

例えば、「茶碗蒸し」というメニューがあったら、茶碗蒸しを英語で表現するだけではなく、それがどういった料理なのか伝える必要があります。もちろん、英語に長けたスタッフさんがいればいいのですがそうではないお店の場合、「茶碗蒸しって何?」と聞かれることは大いなるストレスになりますよね。

そこで外国人旅行者がレストランメニューでどんな情報を欲しているのかルックで独自調査しました。

1、お店のこだわり
意外にもお店のこだわりを知りたいようです。そのお店が、どんな食材にこだわっているのか、どんな料理方法にこだわっているのかなどを知ることで頼むメニューを決められるからだそうです。ちなみに、料理人の経歴や人となりにも興味があるそうです。(日本の料理人に伝統工芸の職人さんのようなプロフェッショナルなイメージが強いのかもしれません。)

2、日本人が注文するランキング
ランキングでのメニュー紹介をしてほしいということでした。「どれも食べたことないものだから、日本人に人気があるものを食べてみたい!」ということなのでしょう。それ以外にも、外国人観光客が好きなメニューランキングも比較的安心して頼めるから良いそうです。

3、メニューの詳細説明
やはりこれはあると嬉しいようです。例えば、日本料理って海外の料理に比べて使う食材の種類がとても広く、食べる魚の種類は世界一だそうです。外国人からすると、食材も調理法も未知な世界なんです。だからこそ、1行でも料理の説明が載っていると理解した上で注文できるから安心だと言っていました。

その他アレルギー表記などもあると嬉しいということでした。
飲食店のメニュー一つとっても、ただ日本語を訳せばいいというものではなくそれを読む方がきっちり理解できる情報に変換する必要があります。

私たちの強みは、お客様から受けた依頼を読む方が理解できるのか考えた上で翻訳を行なっていくというところにあります。
ただの翻訳ではなく、売上を出せる「攻める翻訳」を。

営業面にプラスに働きかける翻訳を行いますので、是非ルックに翻訳のご依頼をご検討ください。

翻訳なら株式会社ルック<東京都千代田区・秋葉原>

日本における翻訳需要の高まり

翻訳会社のルックです。
今年も、海外進出、インバウンドなど様々なシーンで翻訳を必要としているお客様に質の高いサービスをご提供していきたいと考えております。

新年最初の公式ブログは、日本国内でも翻訳の需要がいかに高まっているか痛感したお話しをしたいと思います。
先日、知り合いのお父様をご紹介いただき、翻訳の依頼をお受けしました。

お父様のお仕事というのが、染物職人さんです。
それも職人歴55年以上の大ベテランの方です。

私たちとしても、染物職人さんから翻訳依頼を受けることは初めてでしたので、なぜ翻訳が必要なのか聞いてみました。
すると外国人旅行者向けに染物教室を始められるということでした。
外国の方で着物が好きで染物体験をしてみたいという話をいただいて定期的に開催することにしたそうです。
70歳を超える方が積極的に新たな取り組みをされていることにとても感銘を受けました。

私たち、翻訳会社は様々な業種の翻訳をお手伝いいたしますが、企業向けの翻訳が多いことも事実です。
取扱説明書や、マニュアル、契約書などの翻訳をメインとして行ってきました。

ですが、日本が東京オリンピックに向けて観光大国として成長しようとしている中、
今まで翻訳を必要としていなかった色んな方が翻訳を必要とし始めることを実感として感じています。

今まで翻訳会社とお付き合いのない方でも、気軽にご依頼いただける様に今まで以上にわかりやすいサービス体系を整える必要があるかもしれません。
今年も色んな方や会社の新たな取り組みを翻訳という立場から応援してまいりたいと思います。

新年のご挨拶

拝啓

新年、明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になり、社員一同心より御礼申し上げます。
本年も、更なるサービスの向上に努めて参りますので、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。
皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

敬具