日本だけじゃない!中国観光客が韓国免税店6割の売上高を支えた

この度、韓国公平交易委員会が発表した資料「国内各免税店において中国人消費比重及び各類別消費形態」によると、韓国の4大免税店である楽天ホテル、新羅ホテル、ウォーカーヒル免税店、東和免税店の昨年の売上高は総計8.0589万億ウォンで、その中で中国人観光客の消費額は5.0353万億ウォン、全体の62%にも占めることが分かりました。

韓国の免税店は、中国観光客への依頼度が非常に高いと言えます。特にSKが運営しているウォーカーヒル免税店は中国観光客への依存度が一番高く、その売上(2874万億ウォン)の78.4%(2254万億ウォン)が中国の観光客からであることが明らかになりました。

楽天ホテルが運営している楽天免税店は去年の売上総額は4.7491万億ウォンですが、うち中国人が2.94471.6155万億ウォンを占めました。新羅ホテルの運営店である新羅免税店は去年の売上高の総額は2.5888万億ウォンですが、中国人観光客の消費額は1.6155万億ウォンです。東和免税店にも、中国人の比率が69.9%になります。

他の資料によると、中国人観光客が一番好きな商品は化粧品とのこと。去年、中国人観光客は楽天免税店で1.5327万億ウォンの化粧品を買い上げ、全体の52%に相当します。新羅免税店の化粧品の消費額も8741億ウォンに至りました。

中国人観光客の高い購買力は、日本で爆買いをしただけではなく、韓国でも大きな影響力を与えています。

 

中華人民共和国国家旅行局公式サイトより

http://www.cnta.gov.cn/xxfb/hydt/201602/t20160204_759866.shtml

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です